スキンケア

【くすみ即効解消】くすみの原因と対策について

こんにちは♪ゆうなです。

今日は私自身ずっと悩んでいた顔のくすみについて原因と対策方法を紹介していきます。

くすみはニキビなどの肌荒れに比べると緊急度は低いですが、やはりくすみがあると顔全体が暗くなり、老けた印象になりやすいです。
今までくすみは30~40代以降の悩みだと思われていましたが、最近は食生活や生活習慣により私のように20代からくすみに悩む人も増えてきています。

くすみがなくなるだけで顔の印象が明るくなり、若々しく見えるのでくすみは是非とも撃退したいですね。

くすみにお悩みの方、くすみを防止したい方は是非お読みください。

くすみとは?

skincareIMGL7888_TP_V (1)そもそもくすみとは何か?ということを先に説明させて頂きます。

くすみとは、簡単に言うと肌の透明感が失われて肌がどんより暗くなることを言います。
肌荒れと違い、本人でも気が付きにくにいのでそのまま放置してしまいがちです。

・いつも使っているファンデーションが浮いている
・顔がなんだか疲れて見える
・顔色がどんよりしている(グレーっぽく見える)
・体に比べて顔色が極端に暗い

こんなことを思ったことがありませんか?

このような肌状態のことを「肌がくすんでいる」と言います。

くすみの原因

skincareIMGL8006_TP_V (1).jpg

①血行不良

まず一つ目にあげられるのが血行不良によるくすみ。
冷え性の方やむくみやすい自覚がある方はこの原因をまずは疑ってみることをおすすめします。

私もそうですが、デスクワークの方は特にこの原因で顔がくすみやすいかと思います。
運動不足による血行不良。
なおかつオフィスの冷暖房による顔の冷えや乾燥がくすみを加速化させる要因となります。

②毛穴の汚れ

脂性肌の方や毛穴の開きが気になる方は、毛穴の汚れによってくすみが起こっている可能性があります。

クレンジングや洗顔で日々汚れをしっかり落とせていないとどんどん毛穴の汚れが蓄積されていきますのでくすみやすくなります。

また、脂性肌の自覚があるために過剰に洗顔をしている場合も、注意が必要です。
肌は潤いが足りないと判断すると皮脂を分泌するようになっています。

そのため「毛穴をすっきりさせたい」と一日に何回も洗顔をするとかえって皮脂の分泌が盛んになり、毛穴のトラブルが起こりやすくなります。

 

③メラニン色素

紫外線を浴びることにより、シミと同じように色素沈着してしまうとくすみの原因になってしまいます。

紫外線はお肌にとっては大きなダメージになりますので、お肌は紫外線を浴びるとお肌を守るための防御反応として「メラニン」を生成します。

この「メラニン」が褐色であるために、紫外線を浴びると茶色っぽく肌がくすんでしまいます。

肌のターンオーバーが正常であれば、古い角質と一緒にメラニンも排出されますが、生活習慣の乱れや過剰なスキンケアによりターンオーバーが正常に行われていない場合、このメラニンが蓄積されて厄介なくすみの原因となってしまうのです。
IMARI20160806220208_TP_V (1)

④糖化

糖化という言葉は、最近糖質制限の流行などによって徐々に有名になってきていますが、スキンケアにおいて糖化を意識している方はまだそれほど多くはないのではないかと思います。

しかし、この糖化は美容面だけでなく健康面にも影響をもたらすので一番注意しておきたい要因だと個人的には考えています。

まず糖化について簡単に説明致します。

糖化とは、過剰に糖分を摂取して体内で余った糖が、体温の熱によってたんぱく質にくっつくことを言います。

そしてその糖化が進むと、たんぱく質はAGEs(終末糖化産物)に変わります。

このAGEsが肌のくすみを招くといわれています。

この糖化によるくすみは、よく食パンを使って説明されます。

食パンは、焼くと表面が焦げて硬くなりますよね?
これは外から加えられる熱によって、食パンに含まれている糖とタンパク質が結合した状態(糖化)です。

これを自分の肌に置き換えて考えるととっても怖いですよね。

hr20160715132505_TP_V

現代では食生活の乱れが多く指摘されているので、今やくすみの悩みはエイジングケア世代に限ったことではないということになりますね。

それぞれの原因に合わせたくすみ対策

くすみの原因の紹介では

①血行不良
②毛穴の汚れ
③メラニン色素
④糖化

とそれぞれ4つ原因を挙げて参りました。

ここからはそれぞれの原因に合わせたくすみの撃退法法・対策についてご紹介致します。

①血行不良


肌の血行不良は、運動不足や顔の冷えにより引き起こされます。

ちなみに私自身はこの血行不良のくすみがとても目立つタイプです。

血行不良に関しては外側からのアプローチ、内側からのアプローチどちらも出来るので割と対策を始めると即効性があるかと思います。

いくつか対策はありますが、まずは内側からのアプローチを紹介します。

一番確実で健康的なのは運動量を増やすことです。

PAKU6221_TP_V

私はエクササイズした後やジムに行った後に露骨に肌に透明感が出ます。(自分比ですが)

後は外側からのアプローチになりますが、顔や体を温めたり冷やしたりすることで血流が促進されるので、サウナと水風呂交互に入ったりするとより効果的です。

ジムで汗を流してサウナ⇒水風呂は最強コンボですね♪

サウナでなくても、自宅のお風呂で冷たいシャワー、ちょっと熱めのシャワーを交互に顔に浴びるだけで変化があると思います。

ナノスチーマーをお持ちの方は「温⇒冷」の繰り返しのコースを使用することで楽に対策できちゃいますね。

そしてもうひとつ外側からのアプローチとしては、顔のマッサージ。

即効性あり、持続性ありで一番私がおすすめする対策方法です。

マッサージはYouTubeなどで「顔 マッサージ」と検索するとたくさん見本がでてきます。
私は西内まりやちゃんのマッサージを参考にほぼ毎日行っています。

顔に何もつけずにマッサージをしたり強くマッサージしてしまうと摩擦により顔のシミやたるみの原因になりますので必ずオイルやクリームをつけて行うようにしてください^^

 

私のおすすめするマッサージクリームはベネフィークのフォルムマッサージパック(7000円/100g)です。
BAさんのおすすめで買ってとても気に入っています。

デパコスのマッサージクリームにしては値段も手頃だし、マッサージとパックをひとつのアイテムで出来ちゃうので時短にもなりますよ♪

created by Rinker
ベネフィーク
¥6,426
(2019/05/26 06:57:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

②毛穴の汚れ

毛穴の汚れは、クレンジングや洗顔によりメイクや古い角質が落としきれずに日々蓄積していくことで起こります。

そのため、日々のクレンジングや洗顔を行うことはもちろん大切になってきます。

ただ、くすみに悩む方でここを徹底していない方っていないと思うんです。

むしろ、毛穴の汚れに悩んでいる時って酵素系の洗顔を試したり色々なタイプのクレンジングを試してみたり・・ってすでに色々試行錯誤している方が多いと思います。

かくいう私もその一人です。

私は自分がとても乾燥肌なのにオイルクレンジングを試してみたり、毎日酵素洗顔で顔を洗ってみたり・・。

私の場合、クレンジングを試したり酵素洗顔を毎日することは毛穴の汚れ改善よりもそもそもの肌のバリア機能を低下させてしまったように思います。

そこで私がたどり着いた結論は、「まず自分の肌質を知ることが大事」ということ。

当たり前のことに思えますが、以前記事にもした通り自分の肌質を勘違いしている方ってとても多いです。

あわせて読みたい
【自己流肌診断に要注意!?】勘違いが招く肌トラブルこんにちは^^ゆうなです! 今回は美容を語るにあたって一番重要だと思っているスキンケアについてお話させて頂きます! スキンケアと...

自分の肌質を知った上で、自分が脂性肌であるならば適度に酵素洗顔やピーリングと取り入れて古い角質を適宜落とすことでくすみにアプローチ。

そして自分の肌質が実は乾燥肌なんじゃ・・?と思い当たるところがある方は是非一度クリームクレンジングに切り替えてみてください。

自分に合わないクレンジングは肌を固くし、古い角質や汚れが外に排出されるのを邪魔してしまいます。
乾燥肌の方で今オイルクレンジングやジェルクレンジングを使用している方はクリームクレンジングに切り替えることで肌の乾燥が緩和され、肌の表面が柔らかくなるのを実感できるかと思います。

「くすみ=皮脂の過剰分泌?」
「ってことは私は脂性肌?オイルクレンジングでがっつり落とそう!」と考えるのではなく、

くすみの原因と自分の肌質を考えた上で対策することで、お肌を健康に保ちながら悩みを解消していきたいですね♪

nikibiIMGL7982_TP_V.jpg

③メラニン色素

メラニン色素は、紫外線を肌に浴びることにより生成されるので、何より紫外線を防ぐことが対策になります。

・日焼け止めは年中塗る
・春~夏は日傘をさす
・UVカットの眼鏡・サングラスを使用する
・ビタミンCを摂取する

など事前に対策していきましょう。

一度メラニン色素が定着してしまうと美白ものの基礎化粧品を使わないといけなくなってしまうので(美白ものって高いし)事前にしっかり予防するのが得策ですね^^

おすすめの日焼け止めに関する記事はこちら↓

④糖化

糖化は当分の過剰摂取で引き起こされるので、まずは糖分を取り過ぎないことが重要です。
調味料に砂糖やみりんをよく使う方は、味付けを塩コショウなどに変えるだけでも変わってきます。

日中必要なエネルギー分は接種する必要があるので、ごはんやパンを一切食べない糖質制限!までする必要はありませんが、ストレスがたまった時に食べるスイーツや間食などを減らすことから初めてみましょう。

また、糖化を引き起こさない食材を積極的に摂取していくのもおすすめです。

例えば野菜などの食物繊維が多く含まれるものや、納豆やオクラなどのネバネバ食品。
飲み物で言うと緑茶なども糖化予防に効果があるとされています。

そしてこれは肌の糖化だけでなく健康面でも言えることですが血糖値が急に上がらないよう、食べる順番を工夫することも有効です。

血糖値上昇のスピードを抑える野菜などから食べて、その後肉や魚などのタンパク質、最後にご飯やパンなどを食べると急激に血糖値が上がるのを防ぎ、糖化しにくくなります。

また、紫外線や近赤外線も糖化の原因となります。

その場合は近赤外線対応の日焼け止めを使うことが重要です。

私のおすすめは日中用エイジングクリーム【B.A プロテクター】です。

詳しくは↓の記事をお読みください♪

あわせて読みたい
敏感肌の私がPOLA最高峰ラインBAの日焼け止めを使ってみた結果POLA最高峰BAシリーズの日焼け止めB.Aプロテクターの使用感 私は2016年の9月からPOLAの個肌対応APEX(アペック...
smIMGL3636_TP_V.jpg

まとめ

いかがでしたでしょうか?
くすみの原因とその対策についてご紹介致しました。

大事なのは自分のくすみのタイプ・原因を知った上で有効な対策方法を実践することです♪
複数の要因でくすみが引き起こされていることも少なくないので、同時進行でいくつか対策を試してみることをおすすめします。

次は私が実際にくすみに効いたと思う商品をレビューとともにご紹介いたします!
最後まで読んで頂きありがとうございました。